オリジナルTシャツが必要な理由

学校の大きな行事である運動会などの行事を盛り上げることは、クラス運営をする際に欠かせません。オリジナルTシャツは上手に活用すると、一つの資源として有効になるでしょう。
殆どの学校で体育祭や文化祭など、通年で何らかの行事はあります。特技を持つ一部の人が活躍することも盛り上がる点になりますが、全員で参加するという意識が芽生えると、それぞれがクラスの一員として認識ができます。
オリジナルTシャツは、制服や体操服で過ごす日々と異なり、雰囲気が変わると考える人も少なくありません。行事の際にやる気が起きやすくなり、質の高いクラス運営となるでしょう。進級でクラスが変わることがあっても、思い出として残せる点も、オリジナルTシャツの良さでもあります。

インクジェットタイプの印刷について

オリジナルTシャツは、素材に合った印刷方法を知ることで、質の高いものに仕上がります。
インクジェットタイプは、入稿したデータをそのまま生地の上に印刷をします。専用の機械を用いて圧力や熱を加えて、インクを微粒子にしてから、生地に噴きつける方法です。こだわりのデザインやクラスの集合写真を用いる際に、再現性が非常に高く仕上がるでしょう。特に濃い色の生地の上から印刷をする際では、白インクを下地にしたうえでしてもらうと発色が良いです。
ただし、オリジナルTシャツを大量生産を希望する際には確認するポイントがあります。印刷をする際、特にカラータイプの場合は相応に容量がかさみます。大量になれば時間を要するうえ、費用もかさむことが見込まれます。業者によっては、見積もりや相談を無料で行っていますから、不安な場合は確認しましょう。

シルクスクリーンタイプの印刷について

シルクスクリーンタイプの場合、穴のある版を用いてインクを流してから印刷をする方法です。アパレル店で販売されている洋服は、概ねこのタイプが多いです。
クラスの人数が多い場合に、オリジナルTシャツは大量生産をするようになります。一回、版として仕上がるとたとえ100枚単位でも作成が可能です。会社によっては、一定期間データを保存していますから、再度依頼をする際の手間を省けます。また、耐久性が相応にあるので、繰り返し洗濯をする場合でも色あせが生じにくいです。
一方、版は一色単位となっており、色の数がかさむと費用が増します。グラデーションを入れるなどの、特殊タイプのオリジナルTシャツ作成には対応が困難なケースが多いです。

ピックアップ記事

ロングスリーブのオリジナルTシャツの良さ

学校行事などで使用するオリジナルTシャツは、半袖だけではなく、ロングスリーブタイプもあります。肩口から袖に掛けて印刷をすることが可能で、上手なデザイン選びをするとインパクトが増すでしょう。運動会や文化...

運動会用のオリジナルTシャツで一致団結

運動会は、学校行事の中でクラス全員で活動する一つのイベントです。一致団結を図れるオリジナルTシャツのデザインにすることで、全体のモチベーションを高められるでしょう。デザインはシンプルに四字熟語のような...

オリジナルTシャツの生地の厚さに関する情報

ユニフォームタイプのオリジナルTシャツを作成する際、背番号を入れたりデザインの選び方など、入稿までに必要な作業があります。オリジナルTシャツをはじめ、生地の厚さは概ね5.6オンスが使用されています。十...

ビッグシルエットのオリジナルTシャツの良さ

オリジナルTシャツのサイズ選びですが、フリーサイズなどがあります。それでも、年齢性別を問わず殆どの体型に合わせた着こなしができますが、ぴったりとした着心地が気になる方もいます。その際、ビッグシルエット...